永久脱毛コラム

永久脱毛の副作用とは?

永久脱毛は、クリニックでレーザーで毛根を破壊することで、毛が生えてこないようにする脱毛です。破壊された毛根からは毛が生えてこなくなるので、確実な脱毛ができますが、副作用が起こることがあります。一番よく起こるのは、施術後の皮膚の赤みです。一時的なもので、自然に治るものがほとんどです。まれに、炎症が強くなり、火傷になってしまうこともあります。また、ニキビのようにお肌が盛り上がる、毛膿炎と呼ばれる症状も副作用にあります。永久脱毛の副作用の発生率はそれほど高くありませんが、施術中に痛みなどを感じたらその場でスタッフに伝えるようにしましょう。我慢していると、お肌には刺激が強すぎて炎症が起こってしまいます。

永久脱毛で考えられるトラブルは?

永久脱毛に関するトラブルは以前より少なくなっているので安心です。もし不安な場合はテスト照射を受けてみると良いでしょう。
施術後に炎症や毛膿炎のような副作用が起きても、基本的に自然と治癒していくのであまり心配する必要はありません。しかし、日焼けした状態でレーザー照射すると火傷のリスクがあるので、日焼けしやすい時期に脱毛する場合は注意が必要です。
また、施術が終わった後に一部分だけまとまったムダ毛が再生している場合は、打ち漏れの可能性があるのでクリニックに相談した方が良いでしょう。アフターケアにも力を入れていて、打ち漏らしの保証のある良心的なクリニックなら、後日再照射してもらうことができます。

永久脱毛の副作用で汗の量が増える!?

永久脱毛後は副作用が発生するといった口コミがあります。
ワキガになった、ワキ汗が増えたといった内容になりますが、どちらも勘違いですので安心して脱毛してください。
脱毛する事によって肌が綺麗になり汗を受け止める毛が無くなりますから汗は流れ落ちてしまいます。
それを勘違いしてワキ汗が増えたと思ってしまいますが、綺麗になった証拠と言えます。
もちろんワキガになる事もありませんので心配する必要はありません。

永久脱毛後のアフターケアは?

永久脱毛の施術を受けた後の肌は、いつも以上に敏感になっています。赤みやほてりなどの副作用が起きないように、きちんとアフターケアを行いましょう。
まずは脱毛後の肌は冷やすことが大切です。市販の保冷剤や冷やしたタオルで脱毛後の肌を優しく冷やしましょう。温めるのは厳禁です。お風呂やサウナはよくありません。軽くシャワーを浴びる程度にするとよいでしょう。
また脱毛後の敏感になっている肌に日焼けは厳禁です。シミの原因となる可能生もあります。
脱毛直後だけではなく、脱毛期間中は肌が日に焼けないように注意しましょう。極端に日焼けした肌はレーザーが反応して火傷のような状態を引き起こす可能性があります。
また、乾燥していると痛みに敏感になりますので、保湿クリームなどを使用してしっかり保湿するようにします。

新潟市の永久脱毛口コミ